骨盤LABO

YouTube Instagram
店舗一覧

チャットを開く

カラダコラム

自粛期間の身体づくりを始める前にまずは骨盤のゆがみを知りましょう!

タグ:

2021年4月30日

投稿者:骨盤LABO 院長 三崎隆治

 新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)の感染拡大予防対策による、さまざまな自粛を求められるようになって早1年以上が経ちました。テレワーク化や外出を控えるようになり、私たちの生活環境は少なからず変化が出ていることでしょう。一日の過ごし方が変化するということは、身体の体質や健康の変化にもつながります。今まで気にする余裕がなかった腰痛肩こりなどの症状、体重・体型の変化(いわゆるコロナ太りなど)を自覚しだした方も多いのではないでしょうか。今回は身体の不調の原因にもなる骨盤のゆがみの紹介をしていきます。

 

骨盤のゆがみは日常生活の癖でわかる!

 肩こりや腰痛といった不定愁訴のほとんどは、外傷や内臓疾患による影響ももちろんありますが、もっぱら姿勢の悪さ、主に骨盤のゆがみが原因です。骨盤のゆがみは日常生活の何気ない動作で起こり、そして癖として自然と現れます。癖があると筋肉のつき方など左右でバランスが崩れ、体型の変化や姿勢不良といった見た目に影響が出てしまうのです。以下の内容で1つでも思い当たる点があれば、あなたの体は骨盤のゆがみや姿勢が悪くなっています。

1.片脚に重心がかかっている(まっすぐ立てていない)

2.座面に浅く座り、背もたれにもたれかかって座る

3.座っているとよく足を組んでしまう

4.靴のかかと部分のすり減り方が左右で異なる

5.歩行時に内股歩き/がに股になっている(膝が曲がったまま)

6.スカートのウエスト部分が自然と回ってしまう

7.仰向けに寝た際の足先の向きが真上を向く/横に倒れている

8.偏平足または外反母趾

 

骨盤のゆがみ3パターン

 骨盤のゆがみには「前後の傾き」「左右のねじれ」「左右のひらき」の3パターンがあります。多くの方で3パターンそれぞれにゆがみが生じており、ゆがんだ骨盤の状態は人それぞれです。 

 

・前後の傾き

 骨盤はやや前に傾いている状態が正常です。しかし、前傾が強いと反り腰になったり、後ろに傾きだすと円背という高齢者によくみられるような背中が丸くなったります。乳房や下腹部・お尻の垂れさがり、太ももが太く見えるといった見た目に影響があります。上記の癖の2・5・8はこの骨盤の前後の傾きによるものです。

・左右のねじれ

 骨盤は真ん中に仙骨(せんこつ)、左右に腸骨(ちょうこつ)の3つの骨で関節を成しています。仙骨と腸骨の関節を仙腸(せんちょう)関節といい、この関節は靭帯によって固定されていますが、長年の癖によって前上方または後下方にズレが起こってしまいます。片側の関節でズレが起こると、脚の長さや肩の高さに左右差が生じたり、歩き方も変化します。上記の癖の1・3・4・6はこの骨盤の左右のねじれによるものです。

・左右のひらき

 仙腸関節が内側または外側にズレた状態です。妊娠・出産によって「骨盤が開く」といった表現は、このゆがみからきています。脚の内・外側に負担がかかりやすくなるため、太ももやふくらはぎが太く見えたり、膝の痛みにつながってしまいます。上記の癖での5・6・7はこの骨盤の左右のひらきによるものです。

 

自分の身体の状態を顧みるなら

 この自粛期間などで症状や見た目のために、自分の身体を労わったり、運動不足を自覚して筋トレなどを始める方も多くいらっしゃいます。ですが、この骨盤のゆがみを放置して運動をしたり身体を動かすことは、根本的な改善とはいえません。いくら頑張っても思ったように体重が減らない、筋肉の付きが悪い、別の症状が現れたとなっては、せっかくの良い習慣が身につく前に継続をやめてしまいがちです。まずは骨盤をはじめとした骨格のゆがみを整えることが必要です。その後、左右前後にある筋肉のバランスを良くし、体を変化させる準備をすることでより効果が現れやすくなります。

  また、ご自身の骨盤のゆがみの状態、そのゆがみによる症状やスタイルに対する悪影響を知りたい方は、画面下部(または右下)にある「お困りではありませんか?」のポップアップを押していただき、「まずは症状・姿勢チェック」より無料で骨格のゆがみ診断ができますので是非一度お試しください。

 

骨盤LABOは、骨盤のゆがみを整えるのに特化した骨盤矯正専門ボディケアサロンです。ゆがみを整え、筋肉の前後左右バランスを正し、再度骨盤をゆがませない身体づくりのために日常生活で気を付けるべきアドバイスなど、お客様一人一人のお身体に合わせて施術を行っております。体型や症状などお身体のことで気になる点がある方は、お気軽にご相談ご来店くださいませ。

 

 

この記事の著者

骨盤LABO 院長 三崎 隆治

骨盤LABO 院長

三崎 隆治

2010年 甲賀健康医療専門学校卒業・柔道整復師免許取得

2016年 履正社医療スポーツ専門学校卒業・はり師・きゅう師免許取得

2016年 ほんわか鍼灸整骨院勤務

2017年 株式会社Axis執行役員就任

2018年 骨盤LABO日野店勤務

2018年 骨盤LABO野洲店勤務

2019年 骨盤LABO東雲店勤務

2020年 株式会社Axis取締役就任

現在   骨盤LABO日野店勤務

当院は腰痛専門治療院です

腰の痛みが繰り返す、どこに行っても良くならない…
そんなふうに諦めていませんか?

骨盤LABOなら解決できます!

  • 原因の根本から解決!

    「痛みが出る原因とは何かご存知ですか?例えば腰痛の症状が現れたとき、腰の筋肉が原因で出ている痛み、骨盤の歪みが原因で出ている痛み、姿勢が悪くて腰に負担が掛かり出ている痛みなど、その人によって原因は様々です。当院では痛みの本当の原因を究明し、症状が再発しないための施術を行います。

  • 最新の矯正技術!

    患者様に常に最高の技術を提供できるように、私達は定期的な勉強会や技術研修を行っています。最新の人体力学に基づき、患者様お一人お一人に合わせた施術を提案いたします。

  • 14年の実績で安心!

    私達は過去14年以上にわたり、数多くの患者様を治療してきました。痛みは治らない・繰り返すものと諦めていた患者様から、当院の施術を受けて改善したという大変嬉しいお声もたくさん頂いています。今後も一人でも多くの患者様の笑顔の為に、痛みの出ない身体づくりを全力で取り組んでまいります。