カラダコラム

腰痛のことならお任せ下さい!骨盤LABOの腰痛専門施術 骨盤LABOの採用情報 骨盤LABOの店舗一覧
 Home > カラダコラム > 肩こりの6つの要因について解説!

カラダコラム

肩こりの6つの要因について解説!

2019年10月21日

 

 

日々の生活において肩こりで悩まされている方は多いのではないでしょうか。もともと日本人は首・肩周りの骨格や筋肉が頭を支えるには細いため、肩こりになりやすい傾向にあります。ほとんどの場合、筋肉の血行障害から慢性的な肩こりになりやすいですが、人それぞれ原因が異なります。

 

 

肩こりの原因

 

筋肉をほぐしても薬に頼ってもそのときは楽にはなりますが、しばらくするとまた肩こりが・・・という方がほとんどではないでしょうか。それは対症療法といわれる、病気の原因ではなく病気によって起きている症状に対しての治療による一時しのぎしか出来ていないからです。なので病気の原因に対して治療を行う原因療法(根治療法とも)をしなければ、慢性的になってしまった肩こりを完全に取り除くことはできません。ここでは肩こりの原因について挙げていきます。

 

 

1.姿勢が悪い

 

よく耳にする猫背。背中が丸くなり、頭がからだより前に突き出た状態のことで、デスクワークやスマホの画面を見るときにこの姿勢になる方がほとんどです。頭には体重の10%の重さ(ボウリング球ほど)があり、猫背の姿勢で支えようとすると首・肩周りの筋肉に大きな負荷がかかってしまいます。この負荷が溜まり続けると慢性的な肩こりになってしまうため、気をつけておきましょう。

 

 

2.眼精疲労

 

眼精疲労は長時間のデスクワークなどで、目の周りにある筋肉が酷使されたために血流不足が生じます。この血流不足が目だけでなく、次第に首・肩の筋肉にも影響することで肩こりにつながるのです。またパソコンを見ているときは猫背になってしまいがちなので、姿勢も肩こりに関わってきます。

 

 

3.運動不足

 

人間はからだを動かすことで体内の血液循環を活発にしています。血液には酸素や栄養を運ぶほか、体熱を全身にめぐらせることでからだが動きやすい状態を保つ恒常性。また代謝があがることで疲労物質が蓄積しないように老廃物を排出することができます。ですが運動不足になるとこの流れが滞ってしまい、筋肉の動きが悪くなってしまうと肩こりを引き起こしてしまいます。

 

 

4.冷え

 

人間のからだは冷えによる原因で不調になることが多いです。からだが冷えると筋肉周辺の血液循環は滞ってしまい、疲労物質が溜まると痛みやだるさといった症状を引き起こします。冬場はもちろん、夏場も冷房にあたりすぎると冷えてしまうので注意が必要です。

 

 

5.精神的ストレス

 

ストレスが溜まりすぎてしまうと、自律神経に影響を及ぼしてしまいます。自律神経系とは全身に分布している交感神経と副交感神経のことで、血圧や心拍数などを自動的(自律的)に調整しています。また自分の意思で動かすことができないので、ストレスを受けると勝手に神経が乱れてしまい、肩こりやその他多くの症状に悩まされることになるのです。

 

 

6.疾病

 

何らかの疾患や病気による症状としても肩こりは挙げられます。腕や指にしびれを伴う肩こりでは首・肩周りの骨がずれて周辺を通る神経に当たっている(頚椎ヘルニア、変形性頚椎症、胸郭出口症候群など)場合。心疾患(狭心症や心筋梗塞など)による関連痛では左肩に痛みが出やすいことも。これらは放っておくと危険なため、心配な方は一度医療機関の受診をオススメします。

肩こり・ストレートネックの治療についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

肩こりにつながる原因はさまざま。ですがこの原因から治療しなければ、一生肩こりに悩まされます。骨盤LABOでは原因療法(根治療法)も施術にありますので患者様の原因を追究し、ひとりひとりに合った治療をご提供させていただきます。

施術メニューはこちら