骨盤LABO

YouTube Instagram
店舗一覧

チャットを開く

カラダコラム

その腹痛はどこが原因?痛みの部位と原因の関連性をご紹介!

タグ: ,

2021年12月30日

投稿者:labo-test

お腹が痛い女性

 人生で一度もなったことがない方はいないんじゃないか、というほど腹痛は身近に起こりやすい症状です。腹痛は言葉のとおり、腹部に感じる痛みの総称であります。ですが、簡単に腹部といっても実際その範囲は、へその周りだけでなく、みぞおちから下腹部・横腹なども含まれます。人間の胴体には胃や腸の消化器官や女性であれば子宮といった臓器があり、直接目で確認できないために腹痛やその他症状をもって身体は異常を知らせてくれています。この臓器のどこに異常があるかによって痛む部位は大きく変わってくるので、今回は腹痛の部位と原因になりうる疾患をご紹介していきます。

 

 

腹痛とは

 

 腹痛とは、先ほど述べたように腹部に感じる痛みのことで、軽い不快感からのたうち回るような激痛まで程度は様々です。症状は腹部の痛みだけにとどまるもの、原因によっては下痢や発熱、悪心・嘔吐、吐血、下血なども伴います。腹痛の起因としては内臓痛・体性痛・関連痛の3種があり、どれか一つだけで起こっているわけではなく複雑に絡み合って痛みを発していることがほとんどです。

 

・内臓痛

 内臓痛とは、胃腸や胆管といった管状の臓器が炎症や出血などによって伸びたり縮んだりした際に起こす痛みです。みぞおちやへそなどの体の真ん中あたりに痛みを感じやすいですが、具体的にどこが痛いかといわれると答えにくいような場所がはっきりしないことが多いです。痛みは周期的に起こり、吐き気や冷や汗を伴いやすいです。胃炎や胆石症などが挙げられます。

 

・体性痛

 体性痛とは、異常を起こしている臓器の周辺にある腹膜や腸の間にある腸間膜、横隔膜に刺激されて起こす鋭い痛みです。内臓痛と違い、痛む部位が比較的はっきりしていて臓器の疾患部位と一致することがほとんどです。痛みは持続的で、体を動かすことで悪化しやすく、疾患によっては発熱などを伴います。虫垂炎(いわゆる「盲腸/もうちょう」)であれば、最初みぞおちあたりに不快感や痛み感じ、翌日頃には右下腹部に痛みが移動していきます。放置すると腹膜炎に移行してしまうこともあるため、緊急手術になる可能性もあったりと体性痛には注意が必要です。

 

・関連痛

 関連痛とは、強い内臓痛が周辺の神経にまで刺激を起こし、その神経の支配する別の部位に痛みが生じたことを指します。簡単に言うと、原因部位とは異なる箇所が痛くなるというのもので、みぞおちぐらいの位置で肝臓付近にある胆嚢の炎症(胆嚢炎)の関連痛で右肩が痛むことがあります。腹部以外に感じる関連痛は放散痛ともいわれ、心臓での異常が左肩甲骨付近に痛みとして出るなど、神経は支配領域が決まっているのでどこの神経が刺激を受けているかである程度の原因部位の特定が可能です。

 

 

腹痛の部位と原因

 

 腹痛を起こす原因は様々ですが、ほとんどは胃や腸の消化器系が原因です。他には腎臓や泌尿器系、女性であれば子宮など、さらには心因性で起こすものと多岐にわたります。ですが、この中には痛む部位で大まかに原因臓器を分類できるのものもあります。(※以下は一例であり、胃であれば心窩部に分類しておりますが左季肋部で痛みを発することも十分にあります)

 

・右季肋部(みぞおちの右側)

 胆石症・胆嚢炎・胆管炎といった胆嚢、急性肝炎・肝腫瘍といった肝臓、腎盂炎や尿管結石といった腎・泌尿器系など

 

・心窩部(みぞおち付近)

 食道炎(逆流性食道炎)・食道がんといった食道部、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・アニサキス症といった胃や十二指腸、心筋梗塞・狭心症といった心臓疾患など

 

・左季肋部(みぞおちの左側)

 急性膵炎・膵臓がんといった膵臓(すいぞう)、大動脈解離・大動脈瘤破裂といった血管、腎盂炎や尿管結石といった腎・泌尿器系など

 

・右下腹部

 急性虫垂炎、クローン病、大腸憩室炎といった大腸、精巣・卵巣の捻転といった生殖器系

 

・下腹部

 大腸炎・腸閉塞・便秘といった大腸、膀胱炎・子宮外妊娠といった泌尿器・婦人科疾患

 

・左下腹部

 過敏性腸症候群・S状結腸捻転・虚血性大腸炎といった大腸、 精巣・卵巣の捻転といった生殖器系

 

 こういった軽度な症状から重篤な病気まで腹痛を起こすものがあります。正確な診断をくだすには病院へ受診し、腹部X線検査や内視鏡検査などの詳しい検査が必要になるため、自己判断をしてしまうと危険な場合がありますので注意が必要です。痛みが強い、長期的に続いているといった方は一度病院まで受診されることをオススメいたします。

 

 

骨盤LABOでは血行不良や骨盤のゆがみによって起こる便秘や生理痛などに対してもアプローチしております。腹痛に関わらず体の痛みや不調が気になる方は、是非一度お近くの店舗までお越しくださいませ。

 

この記事の著者

骨盤LABO 院長 三崎 隆治

骨盤LABO 院長

三崎 隆治

2010年 甲賀健康医療専門学校卒業・柔道整復師免許取得

2016年 履正社医療スポーツ専門学校卒業・はり師・きゅう師免許取得

2016年 ほんわか鍼灸整骨院勤務

2017年 株式会社Axis執行役員就任

2018年 骨盤LABO日野店勤務

2018年 骨盤LABO野洲店勤務

2019年 骨盤LABO東雲店勤務

2020年 株式会社Axis取締役就任

現在   骨盤LABO日野店勤務

当院は腰痛専門治療院です

の痛みが繰り返す、どこに行っても良くならない…
そんなふうに諦めていませんか?

骨盤LABOなら解決できます!

  • 原因の根本から解決!

    「痛みが出る原因とは何かご存知ですか?例えば腰痛の症状が現れたとき、腰の筋肉が原因で出ている痛み、骨盤の歪みが原因で出ている痛み、姿勢が悪くて腰に負担が掛かり出ている痛みなど、その人によって原因は様々です。当院では痛みの本当の原因を究明し、症状が再発しないための施術を行います。

  • 最新の矯正技術!

    患者様に常に最高の技術を提供できるように、私達は定期的な勉強会や技術研修を行っています。最新の人体力学に基づき、患者様お一人お一人に合わせた施術を提案いたします。

  • 14年の実績で安心!

    私達は過去14年以上にわたり、数多くの患者様を治療してきました。痛みは治らない・繰り返すものと諦めていた患者様から、当院の施術を受けて改善したという大変嬉しいお声もたくさん頂いています。今後も一人でも多くの患者様の笑顔の為に、痛みの出ない身体づくりを全力で取り組んでまいります。