カラダコラム

腰痛のことならお任せ下さい!骨盤LABOの腰痛専門施術 骨盤LABOの採用情報 骨盤LABOの店舗一覧
 Home > カラダコラム > 「カラダにいい」は「何に」いいのか見極めてますか?

カラダコラム

「カラダにいい」は「何に」いいのか見極めてますか?

2020年4月14日

 

 

食事療法や健康器具・グッズなど、世の中には健康意識に対する情報やアイテムがあふれかえっています。大抵のものは「カラダにいい」とうたい文句がついていますが、それを鵜呑みにしてあれやこれやと試していませんか? 中には確かに効果のあるものもあるでしょう。それはあなたに合ったものを選べたからにすぎません。


痩せ型の人と太った体型の人の「カラダにいい」とは

 

痩せすぎの人と太った体型の人がいるとします。その二人に同じ食事メニューを勧めることは少ないと思います。痩せ型の方にはカロリーの高い内容で体重を増やすような食事、太った方にはカロリーの低めなダイエットメニューを、といったその人にとっての「カラダにいい」ものがあります。ダイエットに効果のある情報が出回ると体型を気にする方にとって、それはカラダにいいものですので他の人におすすめするときには「カラダにいい」ものとして伝えてしまいがちです。しかし、その情報を痩せ型の人が「カラダにいい」ものとして知ったときに試すと余計に痩せてしまい、代謝が落ちるので血流が悪くなってかえって不健康になってしまうのです。


腰痛の原因と治療の注意点

 

腰痛ひとつとってもヘルニアなのか、神経性のものか、はたまた内臓疾患から起こっているのかなど原因はさまざまです。ヘルニアや筋疲労からくる腰痛であれば骨盤LABOで治療が可能です。ですが腎臓病やガンといった内臓疾患から起こる腰痛だった場合、かかるべきなのは病院になります。それぞれの原因に得意分野があるため、間違えたところに通っていても治らないのは当たり前なのです。

 

腰痛や肩こりを治すために必要なこと

さらに腰痛や肩こりなど筋肉に症状がでる姿勢のゆがみ等は、何よりお客様の治そうとする意志がなければいつまで経っても治りません。せっかく30分~1時間かけてお客様のお時間をいただいて正しい姿勢に戻しても、そのあと悪い姿勢を再び続けてしまうと結局効果が長続きしません。ダイエットのために運動をしたのにその後甘いものを食べている、傍から見るとダイエットをするつもりはあるのかと言いたくなってしまうような状態です。何もしないよりはいいですが、よくなろうとしていない状態では治療効果も薄くなってしまいます。しかし健康意識を高く持つ方は血流が悪くなってしまう冷たいものを飲食せず、身体を冷やさないようにしています。また、日常生活での姿勢を気にしたりとすることで、より治療効果が高まるので早くに痛みを取り除くことができます。

  

 

似たような施術所がいっぱいあってどこを選べばいいかわからない。ですがその分あなたに合った施術所や先生が必ず見つかります。是非一度お近くの骨盤LABO店舗までお越しください。