坐骨神経痛の治療について

坐骨神経痛とは
坐骨神経は人体の中で最も太い神経であり、腰からお尻、太ももの後ろ側を通り、枝分かれしながら足先まで繋がっています。特にお尻や太ももの後ろ側に痛みが出現することを「坐骨神経痛」と呼びます。症状として、お尻から太ももにかけて痛みやダルさ、しびれなどがあります。

どんな状態なの?
お尻から足に繋がっている神経が挟まれたり、圧迫されたり、引っ張られたりしている状態です。

原因は何?
腰の骨や仙骨のゆがみによって、神経が挟まれたりする場合と、骨盤のゆがみによって神経が過度に引き伸ばされて痛みが出る場合と、まれにお尻の筋肉が坐骨神経を圧迫して痛みが出る場合があります。お尻の筋肉が単体で硬くなる事は考えられないのでこの場合も骨のゆがみが原因と考えられます。

~施術内容~

●痛みの緩和
硬くなってしまったお尻から太ももの筋肉をほぐして、症状を緩和させます。

⇒マッサージ ⇒楽トレ

●原因に対しての施術
骨格のゆがみが神経を圧迫して、お尻の筋肉を硬くさせているので、矯正します。

⇒骨盤矯正 ⇒骨格矯正