腰椎椎間板ヘルニアの治療について

腰椎椎間板ヘルニアとは
腰の痛みと同時に坐骨神経症状(お尻、太ももの後ろ側、ふくらはぎの外側、爪先等に痛みや痺れが出る症状)が発生し良くなったり悪くなったりを繰り返します。初めは重い荷物を持ったり、身体をひねったり、あるいは些細な動作で痛みが出る場合が多いです。次第に、足が上手く動かせなくなる運動麻痺、感覚が鈍くなる感覚麻痺などが起こります。

どんな状態なの?
背骨(椎骨)の間にある椎間板という軟骨が骨のゆがみにより潰されて、変形したものが神経を圧迫している状態です。

原因は?
椎間板が飛び出してくる原因の一つとして、老化現象による機能の低下が挙げられますが、背骨(椎骨)のゆがみが椎間板を飛び出さしている原因ですので、背骨(椎骨)のゆがみを矯正して椎間板が元の位置に戻さないといけません。頚椎の間にある椎間板は常に圧力のかかる状態にあるので、中の髄核が飛び出して神経を圧迫し、痛みやしびれなどの症状を引き起こすのです。腰椎椎間板ヘルニアは突出型と脱出型があり、突出型であれば骨盤LABOで施術出来ます。脱出型は手術が必要です。

~施術内容~

●硬くなっている筋肉をほぐします
ヘルニアに対しての施術法方は矯正メインですが、矯正の効果を良く出す為にも身体の筋肉を柔らかくする必要がります。

⇒マッサージ ⇒ストレッチ

●痛みやしびれに対して
背骨(椎骨)のゆがみが椎間板を圧迫して、飛び出した椎間板が神経を圧迫してしまっているので、骨のゆがみを矯正します。

⇒骨格矯正 ⇒骨盤矯正