慢性腰痛の治療について

慢性腰痛とは
慢性腰痛とは腰が痛い、ダルイ、圧迫感、鈍痛、しびれるような感じなど様々ですが、また動作開始時や長時間の立っちぱなしが続いた時に痛みが出てきます。朝方の寝起きや、勤務後の夕方に痛みが出てくる方が多いです。同時にお尻や太もも、足の痛みを伴う場合もあります。特徴はつらい症状がなくなったり、またつらくなったり繰り返すことがあります。

慢性腰痛には2種類あります。
筋・筋膜性腰痛症
慢性腰痛の中で、筋・筋膜性腰痛症がかなりの割合を占めています。筋・筋膜性腰痛症の症状は動いた時に痛みが出てきて、安静にすると軽減します。痛みの部位も骨盤の両脇から、仙骨、背部にいたるまで、さまざまです。
椎間関節性腰痛
椎間関節性腰痛とは、背骨(椎骨)の関節に痛みが出てきます。筋・筋膜性腰痛症と同様に動いた時、特に後屈時に痛みが出ます。安静にすると軽減します。

どんな状態なの?
筋・筋膜性腰痛症
背骨(椎骨)がゆがむと、支えている筋肉(起立筋)に負担がかかります。負担がかかると、この筋肉を覆っている筋膜が硬くなってしまい、痛みが出てきます。
椎間関節性腰痛
本来まっすぐになっている背骨(椎骨)がゆがむと腰を動かした時、関節に痛みが出てきます。

原因は何?
痛みは結果であり、原因ではありません。マッサージで筋肉をほぐして痛みの緩和は出来ても、原因に対しての施術をしていないと、また痛みは出てきます。筋膜が硬くなるのも、関節が痛くなるのも原因は骨格のゆがみです。人間の身体の土台は骨盤で、骨盤が傾くと背骨も傾きます。その骨格のゆがみが筋肉や、関節に負担を掛けて痛みが生じるので骨格のゆがみを矯正しなければ、その腰痛は繰り返します。

何故骨格や骨盤はゆがむの?
骨は筋肉(インナーマッスル)によって支えられています。
この支えている筋肉(インナーマッス)が衰えると骨はゆがんでしまいます。
下記項目に1つでも当てはまる方はインナーマッスルが衰えていますので注意が必要です!
➀猫背で姿勢が悪い
➁ぽっこりお腹だ
➂なかなか痩せることができない
➃肩こりや腰痛がある
➄疲れやすく、疲れが取れにくい
➅電車で立っているとき、わずかな揺れでぐらつく
➆普段ほとんど運動しない
➇階段よりエスカレーターをよく使う
➈長時間同じ姿勢で座るのが辛く、何度も姿勢を変えてしまう
➉立って靴を履くときついよろけてしまう
⑪お尻やお腹など全体的にダレてきている
↓↓↓
インナーマッスル
トレーニング(楽トレ)
で解決!!

~施術内容~

筋・筋膜性腰痛症
●痛みの緩和
硬くなってしまった筋膜をマッサージでほぐす必要があります。ほぐす事で痛みは緩和されます。

⇒マッサージ

●原因の治療
筋膜が硬くなる原因になった骨格や骨盤のゆがみを矯正します。

⇒骨盤矯正 ⇒猫背矯正 ⇒骨格矯正

椎間関節性腰痛
●症状と原因の治療
関節が痛くなるのは骨格のゆがみが原因ですので、骨格や骨盤のゆがみを矯正します。

⇒骨盤矯正 ⇒骨格矯正